マリア調剤薬局
調剤薬局とは?トピックス掲示板アクセス
調剤薬局とは、医師の処方せんに基づいてお薬を作る薬局のことをいいます。

調剤薬局を語るには、まず!医薬分業についてお話しなければなりません。


医薬分業とは?
医薬分業とは、医師と薬剤師の役割を分離・独立した上で、それぞれの専門性を発揮しようというもので、日本では昭和31年に法律上で制度化されました。  
つまり、診察や診断などは医師に診てもらう一方で薬の調剤は薬剤師が専門に行おうとするものです。  
薬剤師は、調剤するだけでは、患者さんは何のメリットも得ることができません。薬剤師は患者さんが常用しているほかの医薬品との飲み合わせをチェックしたり、薬の正しい使用法を伝えたり、薬に対するメンタルケア、処方医師へ患者の現況や医薬品の最新情報を伝えることで、患者さん一人の治療を処方医師と薬剤師が連携をはかりより良い薬物治療を目指さなければなりません。  
具体的に形に表すと、医療機関が「院外処方せん」を発行し、それを患者さん自身が「保険調剤薬局」へ持っていき、薬を調剤してもらうことです。



調剤薬局とは?
 医療機関で処方せんを受け取ったら、「保険調剤」と掲げている薬局であればどちらでも調合してもらえます。保険薬局でなければ保険は適用されませんのでご注意ください。  
薬局は自由にお選びいただいて結構です。患者さんの都合が良く又、信頼できる薬局をお選びいただいて、他の病院・診療所において処方せんが出された場合も、そのお選びいただいた薬局で調合してもらうようにしましょう。これは薬の重複を避けるためにとても必要なことですので、ご自分に1ヶ所「かかりつけ薬局」を決めておいたほうがよろしいでしょう。 
  「かかりつけ薬局」とは患者さん一人一人の体質やお使いになる薬などを薬歴(個人の薬の歴史)として記録しておりますので、複数の医師から処方された薬や大衆薬などが重複して使用されたり、あるいは飲み合わせが悪くならないよう総合的に把握し、薬に対する質問等もお気軽にご相談いただけるメリットがあります。  患者さん一人一人が安心してお薬を服用するための補佐的な役割を担っているのが調剤薬局です。

Copyright © 2008 有限会社ファーマシア & 苫小牧シティディジット All Rights Reserved.
マリア調剤薬局